お金借りる場所

プロミスでお金を借りる手順と審査内容|在籍確認の有無とタイミング

【この記事でわかること】

・プロミスが審査と在籍確認するタイミング
・プロミスでお金が借りられない人
・プロミスの審査に落ちやすい人
・プロミスの在籍確認は回避できるか
・プロミスの30日間無利息について

プロミスといえば30日間無利息!他の消費者金融より、返済額を抑えてお金が借りられます。

ただ、お金を借りるといえば、審査や会社への在籍確認は避けられません。プロミスを利用したいけど、審査や在籍確認のタイミングが気になる人は多いでしょう。

そこで今回は、プロミスでお金借りる前に知りたい、審査と在籍確認について詳しく解説します。

プロミスの審査内容が知りたい人、在籍確認の回避策が知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

プロミスの審査と在籍確認のタイミングは?お金借りる流れ

プロミスでお金借りる場合、審査と在籍確認を契約完了前に必ず受けなくてはいけません。審査と在籍確認の2つの流れを、詳しくチェックしていきましょう。

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査は、次の流れでおこないます。

プロミスへ申し込む
一次審査(申込情報と条件一致を確認)
二次審査(本人確認や限度額の決定)
審査結果

プロミスの審査は2回おこないますが、申し込み対象の年齢や条件に一致しなければ、二次審査が受けられません。

プロミスの審査時間

プロミスの審査時間は、最短30分です。申し込み内容にウソや誤りがあると、情報を調べるのに時間がかかってしまうので気をつけましょう。

また、審査時間が長いからといって、必ずしもお金が借りられないわけではありません。プロミスの審査回答時間は「9時~21時まで」と限られており、土日祝日は申込者が増えるため結果がわかるまで時間がかかります。

プロミスの審査結果方法

プロミスの審査結果は、メールと電話連絡の両方です。

一次審査の結果:メール
二次審査の結果:電話連絡

1回目の仮審査はメールで完結できるため、仕事中や外出中、自宅に家族がいても安心です。2回目の本審査は電話確認なので、知らない電話番号からかかってきたときは、できるだけ受け取るようにしましょう。

プロミスの在籍確認の流れ

プロミスの在籍確認は、次のような流れでおこないます。

一次審査の結果がメールで届く
在籍確認は二次審査でおこなう

在籍確認は勤め先の会社へプロミスから電話がかかってくるため、申し込みした日や翌日は電話を受け取れるようにしましょう。

プロミスの在籍確認の方法

プロミスの在籍確認は「申込書に記入した会社へ勤めているのか」を調べるだけなので、電話口で質問や契約内容の案内などはしません。

たとえ本人が不在でも、在籍していることさえプロミス側がわかれば、在籍確認は完了です。

プロミスの在籍確認のタイミング

プロミスの在籍確認は、一次審査に通過した人のみ受けられます。審査時間は最短30分で完了するため、早い人は申し込みから10分程度で在籍確認の電話が会社にかかってくるでしょう。

在籍確認は一次審査(仮審査)に通過しなければおこなわないので、プロミスへ申し込みした全員が会社へ電話連絡されるとは限りません。

プロミスは誰でもお金借りられる?審査は厳しい?

プロミスは、満20歳~69歳で収入がある人なら、誰でも申し込みできます。審査は他の消費者金融よりも甘いといわれていますが、実際は申込者によります。

条件に当てはまっている人なら、誰でもプロミスでお金を借りられるとは限りません。よくある状況別で、プロミスの審査は通過できるのか確認していきましょう。

パートやアルバイトでも審査通過できる?

パートやアルバイトで、継続した収入がある人は審査通過できる可能性が高いです。ただし、あまりにも収入が低く返済できないような経済状況の場合、審査通過は厳しいでしょう。

プロミスはパートやアルバイトでも審査が受けられますが、最低でも年収150万円以上を保ち、返済できる環境を整える必要があります。

他社借入があっても審査通過できる?

プロミスは金融法の総量規制の対象のため、年収の3分の1までしかお金が借りられません。例えば、年収150万円なら限度額は50万円までです。

総量規制は他社の借入額を含めて計算されるため、複数社からお金借りる人は審査通過は厳しいです。プロミスでお金を借りるなら、他社の借金を返済してからにしましょう。

収入のない無職や専業主婦でも審査通過できる?

プロミスは収入のない無職と専業主婦の申し込みを受け付けていません。専業主婦の場合、夫に収入があればお金が借りられるといわれていますが、プロミスは総量規制により対象外です。

無収入でプロミスへ申し込みしても、審査通過どころか審査の前にお断りされるので気をつけましょう。

プロミスでお金借りる注意点!審査に落ちやすい人

プロミスでお金借りる前に、どういった人が審査に落ちやすいのか確認しておきましょう。安易に申し込みしてしまうと「お金に困った人(返済能力に欠ける人)」と判断されます。

そして、気づかないうちに申し込みブラックとなるケースも珍しくありません!

収入が安定していない

収入が安定しない状態でプロミスへ申し込むと、審査に落ちる確率が高いです。

プロミスは派遣社員や日雇いバイトであっても、毎月一定の収入があれば審査通過できます。例えば、先月の収入は5万円で今月は15万円と、収入に波がある状態は審査結果が厳しいでしょう。

過去に遅延や滞納をした人

プロミスへ申し込むと、審査時に信用情報機関へ個人情報を照会します。

申し込み内容(他社の借入額など)に間違いや問題がないか調べるのですが、過去に遅延や滞納した人は審査に落ちやすいです。遅延や滞納は5年間保存されるため、金融事故を起こした人は気をつけましょう。

一度に複数社申込みしている人

プロミス以外に、複数の消費者金融や銀行カードローンへ申し込みした人は、審査に落ちやすいといえます。

プロミスからお金を借りる状況といえば、貯金がなかったり給料日前で手持ちがなかったりで緊急を要する人です。いくら緊急とはいえ、一度に複数社へ申し込むと「返済能力に欠ける」と思われてしまうので、気をつけましょう。

他社借入が4件以上ある

プロミス以外に借入件数が4件以上あると、審査に落とされやすいです。消費者金融は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借入できません。

たとえ他社の借入総額が年収の3分の1以下でも、一度に4社以上借入れすると利息で返済が滞る可能性があります。貸し倒れリスクから、プロミス以外に複数社からお金借りている人は気をつけましょう。

プロミスの在籍確認なしにできる?こっそりお金借りる方法

残念ながら、プロミスの在籍確認をなしにはできません!基本的に、在籍確認は電話連絡ですが、プロミスはプライバシーを考慮して、できるだけ周囲に知られない手段を取っています。

・個人名で電話がかかってくる
・非通知で電話がかかってくる

ただし、相談すれば在籍確認を電話連絡以外にできます。会社の人にお金借りることがバレないため、安心して申し込みできるでしょう。

電話連絡以外の在籍確認をお願いする

電話連絡による在籍確認にどうしても不安がある人、イヤな人はプロミスへ相談しましょう。状況により電話以外に、会社名の記載された書類や健康保険証の提出で確認してもらえます。

電話連絡以外の在籍確認を相談するタイミング

プロミスの在籍確認を、電話連絡以外でお願いするタイミングは「申し込み完了後」です。申し込みが終わると、必ずメールまたは電話連絡が来ます。

このとき「会社へ電話連絡をされたくない」と相談すると、担当者から別の提案を紹介してくれます。なぜ電話による在籍確認がイヤなのか、担当者によって詳しい事情を聞いてくる可能性もあるので、理由を考えておきましょう。

プロミスでお金借りるなら在籍確認が必須!こんなときは?

プロミスでお金借りる場合、どんなに収入が高くても在籍確認が必要です。また人によって、さまざまな状況でプロミスへ申し込みするでしょう。

プロミスの在籍確認で、よくある状況別にご紹介します。

チェーン店でアルバイトの場合

全国展開しているチェーン店でアルバイトをしている人は、会社の電話番号は本人確認できる場所にしましょう。

例えば、本社の電話番号をプロミスへお知らせしても、本人確認ができません。本社ではなく、働いている店舗の電話番号を申し込みで記入すると、確実に本人確認できます。

派遣社員の場合

派遣社員の人は、派遣先の会社の電話番号を申し込み時に記入しましょう。

派遣会社はたくさんの人員を抱えているため、誰がどの会社へ通っているのかまで把握できません。派遣会社の電話番号を記載しても、本人確認できないためプロミスからお金が借りられない可能性があります。

会社が休日(休んだ)の場合

プロミスは土日祝日も審査をしているため、会社の休みの日や本人が休みの日に関係なく電話されるでしょう。

プロミスから電話による在籍確認があったのに本人が休みの場合、会社の人が「本日は休んでおります。」と伝えるだけで本人確認は完了です。

会社自体が休みで誰も電話に出られないときは、改めてプロミス側から在籍確認があるでしょう。この場合、審査結果まで時間がかかるので、申し込み後の電話連絡で「会社の休日について」伝えておくと安心です。

本社で仕事をしていない(現場作業)場合

プロミスの在籍確認は、本人が電話に出られなくても会社に勤めているとわかるだけで完了します。そのため、建設現場や出張などで作業している場所が違うときも、プロミスの在籍確認は完了します。

申し込み者本人の籍を置いている勤め先の電話番号を、忘れずに記載しましょう。

プロミスは30日間無利息でお金借りられる!

プロミスは30日間無利息が利用できるため、他の消費者金融よりも返済額が抑えられます。無利息サービスを利用するには、条件があるので基本情報を含めて確認しておきましょう。

プロミスの基本情報

プロミスでお金借りる前に、まずは限度額や利用対象年齢、メリット・デメリットなどチェックしておきましょう。

限度額
500万円まで
利用対象年齢
満20歳~69歳
※国内い住、日本の永住権を取得した方
実質年率
4.5%~17.8%
※貸付利率は契約額・利用残高で異なる
遅延損害金(年率)
20.0%
返済期間・回数
返済期間:最長6年9ヶ月
返済回数:1~80回
担保・保証人
不要
必要書類
運転免許証(本人確認ができる公的書類)
審査時間
最短30分
書類による在籍確認
可能※担当者と状況による
無利息サービス
30日間無利息
メリット
・土日祝日も審査してくれる
・21時まで契約完了で即日融資
・最短1時間で融資
・相談により電話連絡以外の在籍確認可
・困ったときはオペレーターに相談できる
デメリット
・無職や専業主婦など収入ない人はNG
・金利の面からおまとめローンに不向き

プロミスの無利息期間の条件

プロミスの30日間無利息は「初めて出金した日の翌日からカウント」です。また、申し込みした人は誰でも適用されるとは限りません。

プロミスの30日間無利息は、次の条件を満たした人です。

・初めてプロミスへ申し込み
・メールアドレスを登録
・Web明細を利用

30日間内であれば、何度でも借入と出金が可能で無利息サービスが適用されます。

プロミスでお金借りるシミュレーション

プロミスでお金借りる前に、返済について知っておくと安心です。プロミスから10万円を借りたケースで、返済シミュレーションをしてみました。

【例】
・返済期間は5ヶ月
・借入金利 17.8%

返済期間
5ヶ月
10ヶ月
15ヶ月
借入金利
17.8%
17.8%
17.8%
利息
4,492円
8,334円
12,268円
返済額(月々)
20,898円
※最後の月のみ:20,900円
10,833円
※最後の月のみ:10,837円
7,484円
※最後の月のみ:7,492円
返済額(累計)
104,492円
108,334円
112,268円

30日間無利息サービスを適用しない返済シミュレーションです。返済回数を長くすると、利息が増えていくので、上手に無利息サービスを活用してお金借りるようにしましょう。

まとめ|プロミスでお金借りる!おすすめの人

プロミスでお金を借りるには、必ず審査と在籍確認を受けなくてはなりません。プロミスはプライバシーを考慮して、審査や在籍確認を周囲に知られない工夫をしているため、他の消費者金融よりお金を借りやすいでしょう。

プロミスでお金を借りるなら、次のような人におすすめです。

・Web完結でお金借りたい人
・土日祝日も即日融資したい人
・電話による在籍確認を避けたい人
・30日間無利息サービスを利用したい人

プロミスは土日祝日も審査をしているため、21時までに契約完了すると即日融資が可能です。